メニュー

病院からのお知らせ

小児の耳鼻科疾患と水泳(プール)について

※自己判断は避け、必ず掛かりつけの耳鼻科や小児科の先生の指示に従ってください。

水泳

1. 急性中耳炎

水泳・プールはお休みしてください。

細菌の感染が激しい状態ですので、安静に努めましょう。
中耳炎が完治していなくても、感染の状態が安定して滲出性中耳炎の状態であれば水泳可能となってきます。
担当医に相談して下さい。

2. 浸出性中耳炎

通常、通院治療しながら、水泳・プールは可能です。

プールに入ることによって中耳炎の原因となっている鼻の症状が悪くなることがあり、治癒を遅らせてしまう可能性はありますので、みみはなの状態と水泳の状況によっては控えた方が良い場合もあります。学校の水泳授業は受けていただきたいです。
鼓膜切開後や鼓膜換気チューブを入れているなど、鼓膜に穴があいている場合は、必ず担当医にご相談ください。

3. 副鼻腔炎

通常、通院治療しながら、水泳・プールは可能です。

プールに入ることによって鼻の症状が悪くなることがあり、治癒を遅らせてしまう可能性はありますので、鼻の状態と水泳の状況によっては控えた方が良い場合もあります。学校の水泳授業は受けていただきたいです。

4. アレルギー性鼻炎

プール・水泳は可能です。

ただし、プールの消毒剤による刺激で、一時的に症状が悪くなることもあります。
症状が強いときは、耳鼻科で鼻や耳の状態を診てもらいながらプールに入りましょう。
鼻の状態が悪くなると中耳炎になる可能性がありますので、耳のチェックも受けて下さい。

ふじむら耳鼻咽喉科

ページのトップへ移動する

お電話でのご予約はいたしかねます

電話番号: 093-383-3387
受付時間(月・火・木・金曜日)
8:30〜18:00
受付時間(水曜日)
8:30〜12:00
受付時間(土曜日)
8:30〜13:00
日曜日は休診です。
  • このホームページ上で取り扱われている画像、または個人情報を他の媒体へ複写、転写することを固く禁じます。
  • 当院では、ホームページを通じて得られた方の個人情報は、予め定義された目的以外での使用は決して行いません。詳しくは、当院の個人情報保護方針をご覧ください。
花粉症対策は万全ですか?/対策法や花粉の飛散情報などがご覧いただけます。
備考:
「ふじむら耳鼻咽喉科」に関する補足情報
小倉南区/耳鼻/咽喉科/北九州市/志徳/志井/守恒/病院/耳/鼻/喉/めまい/アレルギー/喉の病気/花粉症/中耳炎/ふらつき/睡眠時/無呼吸/病気/耳の病気/鼻の病気/難聴/インフォームドコンセント/インフルエンザ/予防接種/レーザー/治療